健康快適住宅認定制度

1.趣旨

当協議会で体系化した「健康快適住宅基準」に基づき、所定の要件を満たした住宅を認定する制度です。
「健康快適住宅プランナー」がこの「健康快適住宅基準」に基づき設計し、認定工務店が施工し環境測定をした住宅につき、
申請後、当協議会の審査を経て「健康快適住宅」として認定します。

健康快適住宅認定制度には、お客様、プランナー、認定会社共にメリットがあります。

【お客様】
健康で快適な生活の実現できる家で
 病気になる、元気になる知恵を
 会得できる
家族の健康寿命を延伸できる
家族の医療費を削減できる
家族間コミュニケーションが
 良好になる
建物の資産価値を向上できる
建物の耐用性を向上できる
【健康快適住宅 プランナー】
お客様が元気になり、
 人の健康に貢献でき、“やりがい”を
 感じて喜びに通じていく
 最大のメリットを享受できる
本当の健康快適の意味と
 その技術を知ることができる
「健康快適住宅基準」の内容を
 使用できる
本物の健康快適な暮らしを
 実現できる
【健康快適住宅 認定会社】
お客様が元気になり、
 人の健康に貢献でき、
 “やりがい”を感じ喜びに通じていく
 最大のメリットを享受できる
紹介・特命受注を増やせる
地域での知名度を上げられる
地域に貢献できる
 
 

2.認定方法

当協議会別途制定の「健康快適住宅プランナー制度」におけるプランナー資格者の責任のもと、
営業接客、設計、設計図書作成、(施工、検査、測定)した竣工後の住宅につき、下記の書類を当協議会に提出していただき、
審査判定後合格したものについて「健康快適住宅」の認定証とエンブレムを授与します。


 
 

3.認定基準

1)温熱環境
該当項目がすべて完備していること
2)自然素材
内外装の主要部分に無垢素材を使っていること
3)抗酸化
主に室内空間に抗酸化処理をしていること(但し、測定値は基準値をクリア要)
4)健康快適設計基準
基本的な必須部分(健康快適住宅チェックリストレベル)が基準にはずれていないこと