当協議会について

健康快適な住まいづくりの普及・啓蒙を通じた住まい改革!
家族の幸福の城である住まいは、健康快適性への配慮が必要不可欠です。
健康快適な住まいづくりを一般社会に普及推進するため、社員教育から、認定制度、エンドユーザーへの認知啓蒙をいたします。

 

設立の目的

健康で快適な生活を担う重要な基盤が住環境です。
過去、シックハウスから住環境とくに空気質の問題が明らかになり、結果として法律が改正されました。
最近では、断熱性を上げることで健康性が高められるという研究が行われています。
今後、IT技術の進歩により様々な分野でオートメーション化が進みます。
住宅はハードとして進化を続けています。

しかし、これらがすべて住まう人の面から考えられているといえるでしょうか。
住まい手の生活から考えれば、住宅はハード面である性能や利便性や合理性だけでなく、
医学・生物学・材料学・心理学・色彩学など幅広い知恵を結集させ、
人間にとって本当に安らげる空間、そして環境にもうまく適応したものであるべきです。

今の住宅には、「人が心身にわたり本当に健康で快適に暮らし続けられる環境」
この視点が不足しているように思えてなりません。

この様な状況を背景にして、
特に住環境を改善することで医者要らずの健康社会を実現するため、
本当に人間が健康快適に過ごすことができる空間づくり、住まい手が本当に求める住まいを目指して研究すると共に、
幅広い視点から健康快適住宅の追求、啓蒙を行うことを目的として、住環境改善推進協議会を設立しました。

活動方針は以下の通りです。
健康に関わる専門家の英知を結集し
 健康快適な住まいを研究・検証することで国民の健康推進に貢献
認定制度を通じて広く健康快適住宅の普及を促進する
資格制度により、住まいの健康要素を体系化し
 幅広く知見を持った健康快適住宅プランナーの育成をする
一般社会に健康と住まいの関連性や健康快適住宅を作るための情報を提供する

私たちの取組みに賛同いただき、多くの方々にご参画をお待ち申し上げます。
 

主な事業内容

健康に関わる情報の発信
健康快適住宅の普及・啓発活動
健康事業推進企業、有識者との連携
ユーザー向け健康住宅セミナーの開催と開催支援
ユーザー向け住まいづくり相談・問い合わせ受付
ユーザーへ健康快適住宅を推進する優良工務店紹介、住まいづくり支援
健康快適住宅の認証事業
設計士に対する健康快適住宅設計ノウハウ指導、健康快適住宅設計士教育・認証事業
健康快適住宅に関わる人材の育成
医食住健康フォーラムなどイベントの開催


 

会員の種類及び会費

入会金(工務店)
入会金(協力業者 他)
正会員(工務店・ビルダーが対象) 円/年
賛助会員(協力業者やその他団体、個人が対象) 円/年