健康快適な住まいとは

健康で快適な暮らしをするための住環境。
当協議会では、それを満たす住宅を「健康快適住宅」と定義しています。

健康快適住宅とは、一言でいえば“住まい手が長く健康で快適に過ごすことができる住宅”です。

その内容を明確にする目的で、当協議会では住宅の専門分野はもちろんのこと生活全般から健康や病気にかかわるテーマについて、
幅広い情報を集積し、医療従事者・産学有識者の知見を踏まえ5区分34項目について分析検討を加えました。

その結果、健康快適な暮らしに必要な住環境の条件は以下の4条件に集約されることが明らかになりました。
そして、当協議会ではその内容を体系化し「健康快適住宅基準」を制定しました。

当協議会で別途認定する 「健康快適住宅プランナー」がこの「健康快適住宅基準」にもとづき設計し、認定工務店が施工し環境測定した住宅につき、申請後当協議会所定の審査を経て「健康快適住宅」として認定します。