健康快適住宅プランナーとは

「 健康快適住宅プランナー」とは、住宅と健康に関わる正しい知識を持ち、それを反映した健康快適住宅を設計できる人です。住まい手に対しても、住まいと健康に関わる諸問題について適切なアドバイスを 行う事ができます。

「健康快適住宅プランナー」は、「住宅のプロ」と言えるでしょう。

病気は、生活習慣、そして環境が大きく関係しているのは周知の事実です。

特に、食生活はわかりやすいですが、それ以上に住環境が大きく影響しているという現実があります。私たちは住宅の作り手として、その事実を認識し、住まいと健康に関わる幅広い知識を得る必要があります。

健康快適住宅プランナーになるためには、その幅広い知識をオリジナルのテキストを使い効率的に学んでいただき、健康快適住宅チェックリストに基づくプラン審査を通過することが必要です。

それにより、①温熱環境 ②適正素材 ③健康快適設計 ④空気・抗酸化環境の諸条件に関わる阻害要因とその解決方法を適切に認識し、設計業務に反映できるようになります。

本資格は、原則として設計士資格を持った方が対象ですが、新たにプランナー補の資格をもうけ、営業やその他業務に関わる方でも受講・認定を受けることができるようにいたしました。

健康快適住宅プランナーになるメリット

①住まいと健康に関わる幅広い知恵を得られる

②健康快適住宅チェックリストに基づき設計に反映することができる

③資格保有者であることがアピールにつながる

④お客様に対する提案力が向上する etc

健康快適住宅プランナーの資格認定制度について、詳細は「健康快適住宅プランナー」認定制度のページをご覧ください。