抗酸化技術

地球をとりまく大気には約21%の酸素が含まれています。生物はその酸素を利用することで様々な機能を獲得し、生命を維持してきました。人は24時間呼吸をすることで、酸素を体内に取り入れていますが、その一部は不安定で、多くの物質と反応しやすい活性酸素に変化します。

この活性酸素は、細胞を傷つけ、老化・がん・動脈硬化・その他多くの疾患をもたらす重要な原因となります。

生活習慣病全般
脂質や糖質、たんぱく質などが酸化し細胞が変質すると本来の役割が果たせなくなります。
代謝が低下しメタボリックシンドロームや、循環器系の疾患、その他生活習慣病に直結するといわれています。
動脈硬化
血中に増えてしまった活性酸素を取り除こうと作られた物質が、血管内にコレステロールの塊を作り動脈硬化が起こる可能性があります。
がん
活性酸素が酸化作用により細胞を変質させ、結果としてがんの促進につながることも研究されています。

本来、人にはこの活性酸素の害を防御する抗酸化作用が備わっています。その代表が抗酸化酵素=SOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)で、毒性のある活性酸素(スーパーオキサイド)を無害化します。しかしながら、体内で作られるSODの量は加齢とともに減少し、40歳前後から低下することが分かっています、それだけに、体外から抗酸化成分を補い、抗酸化力を高めておくことが重要です。

また、最近では、部屋の中がいろいろなプラスイオン因子で汚染された空気環境や電磁波といった目に見えない要因による体調不良など、未病といわれる病気一歩手前の状態や、すでに病気の状態を合わせて当協議会では「複合の新シックハウス症候群」と呼んでおり、これらも抗酸化対策により発生を抑えることが可能となります。

酸化と還元(抗酸化)

呼吸によって体内に取り込まれた酸素の約1〜2%が活性酸素になります。活性酸素は正常な量なら免疫力として、私達の体を守ってくれますが、過剰に発生すると細胞まで攻撃してしまいます。

酸化とは、化学的には電子を失うことで、簡単に言うと「錆びついた状態」になることです。
還元とは、化学的には電子を得ることです。

活性酸素は、電子が不足した状態で不安定なため、他から電子を奪おうとします。そのため、身体が活性酸素過剰になると、身体から電子を奪うので酸化を促進します。

還元作用(電子を受ける) 酸化作用(電子が失われる)
人体 リフレッシュ 疲れ、老化、病気
植物体 生育良好 長持ち 生育不良 腐る

対策としては、抗酸化物質を取り入れ活性酸素を無害化することです。例えば、ビタミン類などの抗酸化物質を摂取することや、抗酸化環境に住むことで、活性酸素の悪影響を取り除くことができます。
このように、活性酸素を取り除き酸化させないことを抗酸化といい、酸化した身体を本来の状態に戻すことを還元といいます。